当院のご紹介

  • 院長ご挨拶
  • 病院理念
  • 病院概要/沿革
  • 当院の特色
  • 医師の紹介
  • リハビリテーション部の紹介
  • 院内のご案内
  • 広報
  • 広報
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問

広報

第4回  健育会 リハビリテーション懇話会

第4回  健育会 リハビリテーション懇話会

日時:平成25年3月29日19 :00〜 場所:ホテルメトロポリタン池袋

平成25年3月29日、ホテルメトロポリタン池袋にて第4回リハビリテーション懇話会が、
107名の参加者(医師13名)を迎えて行われました。
前回に引き続き、社団法人板橋区医師会様の後援を頂き開催することができました。
板橋区、練馬区、豊島区の多くの先生、看護師、セラピスト、ソーシャルワーカー、
地域医療連携担当、並びに施設利用者、近隣住民の方々に参加して頂きました。

本講演として、独立行政法人 労働者健康福祉機構 東京労災病院 病院長、日本医科大学 名誉教授、一般社団法人 日本脳神経外科学会 理事長の寺本明先生より、「我が国の脳神経外科の現況」という演題でご講演を頂きました。

寺本先生講演要約

  • 本講演では、「我が国の脳神経外科の現況」と最近の脳神経外科を巡るトピックスを扱う。
  • 平成23年10月から平成25年3月までに「専門医の在り方に関する検討会」が厚労省で毎月行われ、専門医の在り方が変わってきている。専門医は神の手・スーパードクターを意味するのではなく、それぞれの診療領域において安心安全で標準的な医療を提供できる医師と定義している。専門医の認定は各学会に任されているが、試験の方法・合格率等で均質化を図らないと、我が国の医療が標準化できない。そこで中立的な第三者機関を作る動きがある。
  • 「我が国の脳神経外科医は多いのか」については、日米の診療科別の医師数の比較をした場合(米国の人口あたり医師数を1)、内科はほぼ同数、小児科・麻酔科は半分と少なく、整形外科は2倍、脳神経外科はおよそ3倍となる。
  • 脳神経外科はどんな疾患を診ているかについては、脳卒中・頭部外傷・脳腫瘍・脊髄脊椎・機能性疾患・先天性疾患であり、画像診断・手術・術前術後管理・リハビリ・長期予後管理を行うのが、我が国の脳神経外科である。縦割りの欧米諸国と違い、一貫して診るというのが我が国の特徴である。手術のみに特化した診療科でないため、人数が必要となる。