当院のご紹介

  • 院長ご挨拶
  • 病院理念
  • 病院概要/沿革
  • 当院の特色
  • 医師の紹介
  • リハビリテーション部の紹介
  • 院内のご案内
  • 広報
  • 広報
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ
  • よくある質問

広報

第18回健康教室in竹川病院

地域の皆様からご好評の健康教室を2012年10月3日(水)18時から、
竹川病院隣のケアセンターけやき1Fフロアにて開催しました。
今回は、18回目にして初めての平日夜間の実施。
また、当日は台風の影響で悪天候だったにも関わらず、
地域住民の皆様約80名にご参加いただきました。

今回の講師は、昭和大学 医学部 主任教授 水谷 徹先生。演題は「脳卒中の症状、病態と外科治療」。
当日の健康教室の中で、水谷先生からは、以下のようなお話をいただきました。

「がん」「心臓病」とならび、三大死因である「脳卒中」。この疾患は、脳血管の中が詰まって起こる「脳梗塞」、脳内部で微細な血管が破れて出血する「脳出血」、主要な血管が破れ、脳を覆うくも膜の内側に血が広がる「くも膜下出血」を総称している。中でも、「くも膜下出血」は脳動脈の分岐点などにできる瘤(脳動脈瘤)が原因で、放置すると血流の影響などで膨らみ、破裂しやすくなり、いったん破裂すると、大きな出血を引き起こす。脳動脈瘤が巨大化すると、頭痛や視覚障害といった症状が現れることもあるが、未破裂の状態では症状はないため、本人は病気だと自覚するのは難しい。

水谷 徹先生